切手を集める

現在の日本の金券買取ショップなどでは、中国切手の買取が高額な金額で盛んに行われています。日本国内には、中国切手を収集していた人々が多くいると言われています。 かつての日本では、そのような海外切手や硬貨などを収集するコレクターが多くいたため、中国切手もその中にあります。また、中国が外貨獲得のために中国切手を日本にも輸出していたため、国内にあると言われています。1950年代には、お菓子のおまけとして使用済み外国切手がついていたこともあります。 現在になって、中国の富裕層の間で切手を収集する人気が出てきました。1950年代から1990年代までの中国切手が中国国内にほとんどないということで、海外でそれらの年代のものが高額な金額で買取されています。

中国切手の買取サービスは、金券ショップなどで行われています。金券ショップで買取をしても日本人客はほとんど購入をすることはありません。それは、日本国内では中国切手の使用はできないからです。 金券ショップでそれらを購入していくのは、ほとんどが中国人で、中国本土でコレクターたちに高額な値段で販売しているという流れがあります。 中国切手の買取サービスを利用する際に工夫することは、それらの切手の状態です。保存状態にもよりますが、綺麗な状態保管されていれば、高額な金額が付きます。切手1枚で15万円ほどの値段がつくものもあります。汚れやしわなどがあれば、できるだけ綺麗な状態に戻してから、金券ショップに行くと、買取金額も高額になります。