価値ある切手

中国切手買取業者が増えたわけ

最近、中国切手の買取をうたった広告をよく見かけるようになった。 なぜだろう。 買取希望の切手のリストによると、買取価格は桁外れに高額なものもある。 おそらくは貴重なものであるがために、そのような価格設定をされているのだろう。 中国切手でなく日本切手には中国切手ほどの過熱人気はないようだ。 かつて、日本切手を収集している人びとは多かった。 価値があがると信じられて収集されていたのだ。 しかし、現在は原価を割る価格で購入できる店舗さえあり、 収集する価値があるとは言えない状況だ。 時期が過ぎてしまったということか。 中国切手の価値を高めているのは、現在の中国人といっても 過言ではない。 中国切手を高額であっても入手したいと行動に移す富裕層の 人びとがこの需要を作り出したのだ。

価値があるものと今後の経過

中国人富裕層が中国切手を買い求めるのには訳がある。 文化大革命の折、政府は切手収集を禁じた。 ゆえに中国国内から多くの古切手が失われた。 文化大革命後にも、人びとの生活に余裕がなかったため、 中国国内の切手のコレクションは増えないままだった。 日本ではかつて中国切手を専門に収集する専門家もいたこと、 中国が外貨獲得のため切手を輸出していた経緯もあり、 日本にはたくさんの中国切手があるだろうと彼ら中国人富裕層は 思っている。 そして中国人富裕層から高額の切手代金を得るために日本の買取業者は手をつくして切手を探し、買取するのである。 業者が高額で買取する切手はあらかじめ決まっている。 1枚単位であれば、「赤猿」と言われる切手、シートであれば 「梅蘭芳舞台芸術小型シート」、「牡丹小型シート」、「毛主席の最新指示5枚シート」、「科学を愛そう小型シート」などである。 一時期に比べ、買取熱は少しずつ醒めてきてはいるが、まだしばらくはその需要はあるとみられている。 興味のある方、心当たりのある方は、試しに探してみられてはどうだろう。